グリーンネイルに要注意

ネイルをする女性が増えていますが、ネイルによるトラブルも増えているので注意が必要です。特にネイルサロンに何か月も行かずにそのままの状態を放置していると爪にカビが生えてしまうグリーンネイルという症状になることもあるのです。グリーンネイルは今人気のネイルであるジェルネイルを行った時におきやすいです。ジェルと自爪の間に、カビが繁殖してしまう状態を言います。ジェルネイルを付けて3~4週間程度すると浮いてきます。浮いてくると自爪とジェルの間に隙間ができてしまい、その隙間に水が入るとカビなどの細菌が入り込み、爪を緑色に変色させてしまうのです。ジェルネイルを1ヶ月以上放置しているとこのような怖い感染症になってしまう可能性がありますので、定期的にネイルサロンへ行くことをおすすめします。ジェルネイルを外す時も、ネイルサロンに行って施術してもらわなければ爪を傷めてしまう危険性もあります。グリーンネイルは、感染症になるので人に移してしまう危険性があります。つまりグリーンネイルのお客さんを施術した店で同じ器具を使用されると自分も移ってしまうかもしれないのです。ネイルサロンを選ぶ時には衛生面も注意してみなければなりませんよ。ネイルズユニークであれば衛生面にこだわっており、グリーンネイルなどの感染症のお客様はお断りしていますので安心して施術を受けてもらえます。